8月の散歩道

夏本番!熱い日が続きます今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

季節は、いつの間にか夏!毎年のことですが、なんでこんなに暑くなるんでしょう。さすがに気温30℃を超えると、バイクに乗るのも疲れてまいります。夏は、バイクでどこか遠くへ行きたいと思うのですが、この自然の熱気が邪魔をして意欲を失わせてしまいます。でもバイクって不思議!いざバイクにまたがり、エンジンをスタートさせると、今まで嫌がっていた自分が無くなり気分はもうパリ・ダカールラリーの世界です。陽ざしが暑くても、風が熱風でも、足元がエンジンで暑くても、顔に虫がぶつかっても、自分がたどりつく場所まで行くまでは、バイクから降りようとは思わないんですね。
でも・・・・・・・・・・走り切って夕方自宅に戻ると、筋肉痛の序曲が始まります。そんな時は、お酒を飲んですぐ寝る!やはり最後はこれが私にとっての一番幸せな時間なのかもしれません。

※ちなみに写真のお酒は”蔵の隠し酒(期間限定)”!山形県東根にございます六歌仙酒造でありまして、癖が無く、さっぱりとした飲み心地は、ついつい飲みすぎてしまいますので注意が必要です。純米吟醸ですが値段もお手頃、どんな料理にも合いますので一度飲んで見てはいかがでしょうか。

”仙台七夕”が開催されました!今年はデザインが楽しいです。

8月といえば”仙台七夕”!仙台人としては、なんか心がわくわくする毎年の行事なんです。仙台七夕は、藩祖伊達政宗公の時代から続いております伝統行事で、天空の星たちの祭りをイメージした豪華な竹飾りは、まるで天の川を渡ってゆく天女のような優雅さを感じてしまいます。しかし、東日本大震災当時は自粛ムードもある事から、開催が危ぶまれました。しかし、こんな時にこそ”七夕”という復興の活力が必要との思いから、毎年休むことなく仙台の文化を守ってまいりました。震災当時の七夕は、皆様からいただいた”東日本大震災に対する復興”に関連した応援の飾り付けでした。それから5年!今年度の七夕飾りは、今生きている幸せな思いと、応援してくださいました皆様への感謝の気持ちを込めた豪華絢爛なデザイン(吹き流しの細かい装飾が素晴らしかったです。)となっております。なんか、本来の”七夕”に戻ってきたようで嬉しくなってまいりますね。

玉川温泉一泊ツーリング!バイクはいいですね!

先日、知人から突然“秋田の玉川温泉”に1泊ツーリングに行かないかと電話がありました。なんでも、温泉の効能が有名らしく日頃の疲れが取れるとのことから、早速参加させていただきました。時期はお盆の真っ盛りでしたので高速道路は大渋滞の予想から個人ごと古川インターに集合!参加台数6台、車種もBM・ヤマハ・カワサキ・ホンダと車種も排気量も多彩で久しぶりの団体ツーリングとなりました。花山を越え稲庭町を通り、秋田県の角館のお土産物屋さん“角館こだわり蔵”にて休憩。ついでに夜の御供に“地酒”を購入。これさえあれば、気温30℃超えの暑いツーリングでも活力が湧くというもの!しかし、ライダーにとって暑さは大敵であり、バイクを降りるとすぐ日陰にて冷たいものがほしくなります。その後田沢湖に向う途中、私のガソリン残量が危険な状態!他の皆様は15~30Lと長距離車種ですが、私のタンクは7.5L!現在、残り2Lとのことから玉川温泉までの道中が心配となりガソリンスタンドへ。その後田沢湖を右側に走り抜け、田沢湖の“たつこ像”前で休憩となりました(たつ子像は、永遠の若さと美貌を願い、湖神となった伝説の美少女の像だそうですが・・・・詳しいお話はちょっと悲しいかも)。

湖畔を一周した後、町が一望できる田沢湖スキー場にて休憩となりましたが、広く誰もいない駐車場となりますと、つい始まってしまうんです。ライダー恒例のバイク試乗とバイク談義が・・・。でもこの時間が、仕事も忘れてバイクについて話ができる一番、心休まる時間かもしれませんね。バイク談義も終盤近くになったとき、“あの黒いの、熊?”突然、参加者の一人がゲレンデを指さして言いったんです。すると次第にその黒い物体が下の方に降りてきて・・・・・。これはやばいと、速効でバイクにまたがり全開で立ち去りました。(写真も取りましたが・・・・やっぱり熊ですよね)

午後4時頃、玉川温泉に到着。この温泉は放射線を有したラジウム温泉の一種であり、効能は高血圧症・動脈硬化・神経痛・皮膚病などがあげられ癌に効くと紹介されたこともあるとか。さっそく温泉に入ってみると体のあちこちがヒリヒリし、お湯を舐めると強力な酸っぱさが口の中に広がりまして・・・・実はこの温泉、強酸性でして浴槽は源泉50%と源泉100%がございますが、初めから私は源泉100%に入ってしまいました。あまりにも成分が強いので長湯は禁止、一日2回までの入浴となっております。そう言えば、入浴後には疲れが取れて、夜の宴会のお酒がおいしい事、ビール日本酒が何杯でも飲めました・・・・・・これも温泉の効能の御蔭ではないでしょうか。
翌日は、八幡平アスピーテラインの絶景を通り、岩手の緑がまぶしい山々のコーナーを攻めながら無事自宅につきました。走行距離は約750Km!天気も良く、ゆったりとしたツーリングでした。(今度は、キャンプにでも行ってみたいものです。夜空を見ながらのお酒も最高ですよ。)

☆ 余談ですが・・・・・・・・ ☆
角館にて購入した秋田の地酒! 鈴木酒造店の純米吟醸“松声(ショウセイ)”は、
お米本来の香りがあり、口の中に溶けるような甘い風味が漂い、何杯飲んでもその飲む量を忘れるくらいに美味しいお酒でした。さすが、お酒処“秋田”!と思いながら、玉川温泉の宴会は、まだまだ続いたのでした。

"もふもふ”したかったんです。

以前、那須にある”南ヶ丘牧場”に行ってまいりましたが、福島にも磐梯高原”南ヶ丘牧場”がございます。こちらは、高速道路の磐梯山サービスエリアの裏手に位置し、動物と触れ合いたいときに訪れます。特に可愛いウサギは柵の中で放し飼い。なでたり、抱っこしたり、写真を取ったりと思うがまま!動物と“もふもふ”したいときにはここが一番です。食べ物は、乳製品も美味しいのですが、焼き肉と野菜をパンの生地で包んで油で揚げた”ペロシキ”は何度食べても飽きませんね。福島でゆっくりと動物とたわむれることができる”南ヶ丘牧場”!私の憩いの場の一つを皆様にもお教えしますね。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。