平成31年1月の散歩道

宮城県特有の正月祭”どんと際”!心が踊ります。

ついに2019年が始まりました。昨年はいろいろとお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。正月はいろいろと忙しく、気が付けば“どんと際”をもう迎えていたのには驚きです。“どんと際”は、宮城県内のお祭りで、神社の境内にて正月飾りを焼き、その火にあたることで無病息災・家内安全を祈願するお祭りとなっております。仙台では1月14日に開催し、“裸参り”が有名ですが、地域で形式が違うところもあります。灯篭を持っての“裸参り”や、松明を持っての“裸参り”、鳥追い棒を持って騒ぎまわる“裸参り”など、多彩な風習があるようです。しかし“どんと際”の醍醐味はやはり屋台ですね。夕方4時ごろから火を入れましので、夕食は必然的に屋台で・・・・・・と、子供のころから楽しみだった記憶がございます。ちなみに今回は岩沼の竹駒神社に行ってまいりましたが、いつもながらのこの混みよう。屋台で買い物をするのも一苦労でしたが、この神社の売店で出しております“油げ汁”は絶品でした。宮城県の“どんと際”!これからも生きている限り、いろいろ行ってみたいものです。

スキー場に来るのは3年ぶりですね。

子供が小さいころは、よく宮城県内のスキー場を巡ったものでした。特に白石蔵王スキー場は、コースも滑らかで初級コースは特色のある3コースがあります。上級コースもありますが・・・・今は、さすがに下ってくる自信がありません。現在の私の装備は昔とほとんど変わっておらず、ウエアーは新しくしたのですが、スキー板・ストック・ブーツに関しては、30年前と変わっておりません。いまだに195cmの”ROSSIGNOL”を持っているのは私だけでしょうね。本当!スキー板ってなかなか壊れないもんですね。昔はゴンドラに乗るのも1時間かかりましたが、今はなんと30秒!快適です。 レストランも綺麗になったところも多く、ゆったりとコーヒーを飲み、ゆっくりとスキーができる時代が来たようです。どうです?50代の皆様も眠っている昔のスキー板を出して、白銀の世界に繰り出してみてはいかがですか?ゆっくり、のんびり滑ればまた違った世界が見えて楽しいですよ! え?体が・・・・・・?大丈夫です。私のような老体でも滑り出すと体が覚えていたんです。ただ、若い時のような激しいアクションは、もうできませんけどね。                                                                                   (ちなみに、お昼は昔ながらの”カツカレ-”。懐かしいところで ”豚汁” や ”ラーメン” も健在です。その他、”ケーキとコーヒーのセット” もありますので、お茶をするだけでも楽しい世界となっております。)

こんにゃく懐石料理!一度食べてみてはいかがでしょうか。

山形に“こんにゃく懐石”を出している店がございます。素材は、約80%以上が“こんにゃく”ですが食べた感触や味が“こんにゃく”とは思えない美味しさに感動いたしました。                              
ここは上山樽下にあります“こんにゃく”の店!山のふもと、道沿いにある武家屋敷のような建物の門をくぐると、香ばしい匂いがしてまいります。店に入ると、まず驚かされるのが販売されております種類の多さ!それも形ではなく、蕎麦・ごはん・刺身・焼き鳥・焼肉・煮豆など、ありえない擬似的な”こんにゃく”が販売しております。その奥には、なんと“こんにゃく懐石”を食べさせてくれる場所もあり、珍しさのあまり注文してしまいました。見た目も味も、本物そっくりな“こんにゃく懐石”は、なんといっていいか・・・・・・新感覚!これもありかも!それになんといっても低カロリー!減量中の方にも満足いく料理だと思います。山形は食の桃源郷!探せばもっと楽しい食材がありそうで、今年も楽しみです。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    オーナー様からのアパート募集物件を掲示しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。