4月の散歩道

船岡公園!今年の桜も最高でした。

4月は花見のシーズン!私も毎年のように行っておりますお気に入りの場所があります。船岡城址公園がその一つで、山一帯に桜の木が植えてあり、満開の際には山がピンク一色になる光景は、毎年見ても絶賛に値するものです。ここは明維新まで柴田氏が居住した館跡とのことで、東北でも1・2を争う桜の名所として知られております。 特に1300本以上の桜があることから一目千本桜と呼ばれており“桜の名所100選”にばれております。昭和45年のNHKドラマ「樅の木は残った」で全国的に有名となった“樅の木”の丘から見る桜も最高です。夜にはライトアップも行われており、桜の別世界を見ることもできます。夜桜!最高です。できれば電車で行って“花見で一杯”をしてみたい!ウーン美酒でしょうね。

春は桜の季節ですが・・・・・湿地帯に現れる白い妖精”水芭蕉”も可憐ですよ。

南蔵王の山沿いに「南蔵王色彩の森」と呼ばれる白石の自然豊かな森がございます。その中に「水芭蕉の森」「満天星の森」「不伐の森」があり、四季折々の体感ができます。この季節は「水芭蕉の森」!見てみたいと思い行ってまいりました。今までは、泉ヶ岳の水芭蕉群生輪が大きいと思ってましたが・・・・・・ここは広大な敷地で面積約5.8ha!南蔵王野営場近くの湿地帯で、奥まで行くと往復約1時間かかります。渡木を歩いていくと愛らしい白い花が水辺の土から顔を出しております。どこまで行っても、白い小人が舞い踊っている姿は、なぜか微笑ましく心が和んでしまいます。しかし、この時期はそう長く続ずかない事から、天気が良く、暖かく、風が無い満開な“時”を体感できるのは難しいですね。でも、鳥のさえずり、山の緑の臭いを感じながら鑑賞することは、何もかも忘れて幸せな気分になります。何歳になっても、春はやはりいいものですね。(この森には、カタクリの花が群生もしております。野草の宝庫ですね。)

山形の馬見ヶ崎川の桜は、いつ見ても最高です。

いつも、山形蔵王インターを降りると、大きな川が見えてまいります。その名も馬見ヶ崎川といい、公園や市民プールもあることから市民の憩いの広場となっております。この季節となると、堤防沿いにある多200本の桜の木が一斉に花を開き、それはもう山形の町まで桜の回廊がつずく程の見事な世界です。公園には、屋台が立ち並び、桜が舞い散る芝生の上にお弁当を並べてゆったりと食事をする家族が多くみられます。幸せですね。私も子供が小さいころよくこの光景のように楽しんだものです。桜の季節は短いもの!その一瞬の幸せ感も人生なんでしょうね。来年も元気で見られることを願って、また1年間頑張ろうと思います。


山形の花見の帰り、物産館によりましたら日本酒の試飲をしている朝日川酒造がございました。久しぶりに山形のお酒を購入しようと見てみたら、ラベルが”萌え系”のアニメに!なんでも、イラストレーターの”ぴこまりえ”様とコラボとのこと。それもオリジナル商品で、多彩な種類があることから今回は純米吟醸酒”夜魔咲(やまさき)”を購入して見ました。精米率50%ですが純米吟醸とのこと。しかし、香り・コクとも良く、喉にピリッとした感じが、食欲をそそります。アニメとのコラボは最近多くの酒造会社で行われておりますが、日本酒も目で見る”萌え系の味覚”も、ありかなと思う一品でした。

神秘的な空間にお誘いいたします。

白石から角田に抜ける国道113号線の中頃に昔懐かしい風景とともにお寺の看板が出てまいります。ここは高蔵寺(こうぞうじ)と呼ばれております宮城県角田市にある真言宗智山派のお寺でございまして、西暦819年に徳一菩薩が建てたといわれており、渓流沿いに僅かに入った三方が山に囲まれた清閑なところです。桜の季節、ここでも見事な桜が咲いており、渓流を挟んでの公園や、古い住居跡も展示していることから、春の楽園のような和やかな時が過ぎるような空間でした。にも、ました。は境内の杉や裏山のかやの林は、数百年を経た古木で他に見ることの出来ない程の特異な景観を呈しています。大きな杉の木に囲まれております本堂(阿弥陀堂)は、安置された阿弥陀如来坐像とともに、重要文化財に指定されています。像高は2m70cmですが、背後の飛雲光背を合わせると全高5m18cmにもなる巨大な像とのこと。今は漆黒色ですが、昔は金色に光輝いていたとか。しかし現在は修復の為、平成31年まで内覧が出来ないとのことです。時代を引き継いでいくって・・・・・大変なことなんですね。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。