11月の散歩道

横浜・八景島シーパラダイス、初めて行きました。

八景島は、神奈川県に位置する人口の島で面積は24ha!遊園地や水族館、ヨットハーバーや飲食店街、ショッピングや海岸遊歩道など壱日いても飽きない空間となっております。しかし、ここの地区は古くから埋め立てと開発が行われてきたため、市民がレジャーに用いる水際線がほぼすべて失われたとのことから、これを回復させるため「海の公園計画」を策定、本島はこの計画の一環として埋め立てが行われ、開発に際しては民間資本の導入が計画されており、後に横浜・八景島シーパラダイスなどのレジャー施設が整備されたとのことでした。仙台からも常磐道の開通により時間が短縮され、今回朝4時に出発したところ、9時30分頃に到着し、ほぼ高速道路だけの走行で快適でした。駐車場は島の外でしたが、結構広く、橋を歩いて島に入ると目の前に遊園地が広がり、しばらく大きな建造物の間を抜けると大きな水族館が見えてきます。周りには数えきれないほどの飲食店街が海に面してあり、散歩をしていると今度はヨットハーバーが現れます。とにかく広い自然公園のような空間ですので、一日楽しむことが出来ます。しかし今回の天気は小雨、できれば天気がいい時に行ってみたいものですが、もしかしたら日帰りもできるかも・・・・。

天気のいい日は、農業園芸センターを散歩して見ては?

七郷の東に位置する農業園芸センターは、この場所で多くの市民に農に触れ合っていただくことにより、農に関心を持ち、農に関わることができます。広大なバラ園、春には多くの種類の梅の木が満開で、花木市なども開催されることもあります。四季を通してイベントも行われておりますのでお弁当を持って芝生で食事をしてもよし、また休憩所には美味しい”ラーメン店”もございますので、お昼に食べてみてはいかがでしょうか。また北側の交流館には、美味しい”ジェラード”やコーヒーなどが飲める喫茶コーナーもありますので、子供から大人までゆったりした時間が過ごせる場所となっております。どうです?休日にちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

熱海温泉!ちょっと行ってみたかったのです。

先日、実家に行きましたら、母が昔の写真を見ておりました。よく見ると、今は亡き父との新婚旅行の写真でした。モノクロの写真は、昔の小さな印画紙サイズで、手の平に入るくらいの写真でしたが、その写真を目を凝らしながらも母は懐かしそうに見ておりました。場所は熱海温泉、旅館の浴衣姿で二人仲良く映っている若いころの写真で、当時のことは、断片的にしか父や母から聞いたことがありませんでしたが、夜行電車を乗り継いで2日がかりで行ったとか・・・・。そんな苦労をしながら行った熱海温泉でも、微笑んでいる写真の中の二人は幸せだったんだろうなあと、微笑みながら見ている母の横顔から感じ取れました。そんなことから、父や母が行った熱海温泉に一度は行ってみたい!二人で昔観光した温泉街を歩いてみたいと思い行ってまいりました。今、熱海までは車で7~8時間で行ってしまいます。時代の進歩ですね。さすがに60年も時間が経過すると、なんというか別世界になってしまいます。当時の風景とは違いますが、確かに二人はここに来たんだという現実だけが、なぜか心から離れません。もしかしたらどこかで若いころの父や母に出会えるかも、そんな桃源郷的な感覚が心を動かし、あちこち探索してしまいましたが・・・・・・現実とは残酷なもの、今の世界で昔を探すには華やかすぎます。こんな感傷的に行動してしまうのも、私が年をとってしまったからかもしれませんね。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    オーナー様からのアパート募集物件を掲示しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。