4月の散歩道

久しぶりに、福島県あぶくま洞に行ってまいりました。以前に行ったのは15年くらい前でしたでしょうか。子供も幼稚園に行っていた時期でしたので、じっくり見ることができませんでしたが、今回は隅々まで見ることができ、なかなか見ごたえがありました。あぶくま洞は1969年に、現在の釜山採石場跡地から発見され、古くから石炭岩や大理石の採掘が盛んな土地でもありました。あぶくま洞が発見されたのは石灰岩採掘中のことで、釜山採石場はあぶくま洞発見の年に操業を停止したとのこと。あぶくま洞の入り口は現在の観光洞の出口付近に位置し、洞穴自体も深さ12mの縦穴と、北へ60m、南西方向へ15mの横穴から成る小規模なものでしたが、翌1970年に日本大学の探検隊が洞内を探索し、それまで終点とされていた北端部の風穴の先にあぶくま洞主洞部を発見したようです。しかし、以前は、鍾乳洞がむき出しのままで神秘的な暗さでしたが・・・・・・・現在は、LEDライトにて、宇宙的な空間を表現しているかのような演出には驚きました。

桜が咲く季節となりました。

最近暖かくなりました。休みの日にバイクで桜めぐりに出かけようと思いまして、前日バイクを磨きながらツーリングコースを考えておりました・・・・が、翌日は、寒気が入り込みバイクを断念、車での桜めぐりとなりました。のんびりと丸森の山を超えてから国見へ、そして最後は船岡の千本桜と走ってまいりましたが、どこの桜も絶景ですね。できれば、2,3日かけて、ゆっくり撮影するのが夢なのですが、桜の咲く期間って本当に短く、天気にも左右されます。(何年か前には満開近くで強風と雨により散ってしまったことも・・・) 桜の穴場はやはり、河川敷付近と学校ですね。歴史ある学校では巨木が多く、それは見事な桜を咲かせておりました。

春は黄色い世界もステキです。

春といえば、”さくら” ですが・・・・ 他にもいろいろな花が咲き乱れてまいります。 その中でも、阿武隈川の下流にある自然の”菜の花”の黄色い回廊は、毎年見事です。敷き詰めたような黄色いジュウタンは美しく、近くに寄ってみますと、その大きさ・多さにびっくりいたします。もともと、河川敷の通路に群生してしまうため、通れるように道筋に刈り取ってしまうんですが、刈り取った菜の花の通路をバイクで走る時の気持ちよさと言ったら、こたえられません。花の独特のいい香りも、私の心を楽しませてくれます。咲いている期間は2週間ほどですが、毎年河川敷をバイクで走っている私でさえ、お目にかかることはなかなか無いのですが、今年は運が良かったようです。 春はバイクで走ると、いいことがあるかも・・・・・・・・

一ノ蔵祭りが開催されました!

宮城県大崎市松山にございます一ノ蔵酒造におきまして、一ノ蔵祭りが開催されました。入場は無料でしたが、1日だけの開催でしたので送迎バスが引っ切り無しに出入りしておりました。さて、入場者には入口にて巾着に入ったお猪口をプレゼントされ、お酒の試飲はこれで行うとのことでした。酒飲みの私には大変うれしく思いましたが、運転手の方には、運転者セーフティーカードをいただいてしまいました。(お酒を飲んではいけませんとのこと。) 会場は、やはりお酒一色。多彩な日本酒の試飲や樽酒による振る舞いは酒通には最高ですね。出店にてのおつまみも最高で、特にカキフライはお酒に合うでしょうね。(お酒は飲めなかったのが残念です。) さすが、お酒通の皆様が集まっておりましたので、みなさん朗らかで楽しく飲んでおられる姿はまさに、”松山の桃源郷”のような幸せな空間でした。そろそろ帰ろうかと出口に差し掛かったところ、運転者セーフティーカードを回収されましたが、代わりに清酒一合ビンをいただきました。お酒を飲めなかった方への配慮のようで、ここまでのお気使いは大変うれしく思いました。ここまで飲み手のことを考える一ノ蔵さんに、より一層ファンになってしまいました。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。