12月の散歩道

地下鉄東西線開通!おめでとうございます!

12月6日に地下鉄東西線が開通いたしました。うちの娘も荒井駅から学校まで利用しておりますが、市営バスの本数がなくなったことにちょっと不満が・・・・しかし仙台まで15分!早くなりましたね。
先日、1日券を買いまして荒井駅から動物園までのんびりと廻ってまいりました。車両は小さいのですが、7分毎に列車が来るので不便は感じませんね。震災がなければもっと早く開業できたかもしれないこの東西線は、トンネルも小さく勾配も急なところがありますが、リニアモーター方式や自動列車運転装置によるワンマン運転など南北線とは違うシステムが数多く取り入れられているようです。乗り心地は快適そのもので、車内もアットホーム的空間を感じますが、各駅(特に西側)の景観においても素晴らしいものがございます。一日自由な時間がございましたら、動物園・散歩・ショッピングなど子供に戻っての冒険旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

天空の城!あべのハルカス!

大阪市阿倍野区に4年をかけて建設された”あべのハルカス” 、その眺めは絶景なものでした。頂上には屋外に出る広場があり、上空300mの空気を体感できる、まさに”天空の城”のようでした。仙台にも高いビルがございますが、下界を見おろす風景はまさにグーグルマップのようで自分の存在さえもなくなってしまうような空間でした。それでも日本国内の構造物としては東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m) に次ぐ3番目の高さとのこと・・・・・・・人間はどこまで”天”に近ずくことができるのでしょうね。

こうして見ると大きな建造物って時代を問わずありますね。(大阪編)

余談ですが、大阪に行った際に撮った大規模建築物です。昔の建築物・現代の建物物・そしてイベントの建築物!種類多彩ですが、人間っていつの時代でも、大きな目的があるとなんでも造ってしまうんですね。(スイマセン。大阪に行って舞い上がり、ただの趣味の写真となってしまいました)

入口と出口が違う”さざえ堂”!一度行ってみたかったのです。

以前から、会津にある”さざえ堂”に行って見たかったのです。なんでも、入口から入ると出口まで一直線!上に登って下るのですが、降りる人とは誰も出会いません。登った方々が皆どこかに吸い込まれていってしまうような不思議な感覚ですが、通路が旧建築物としては珍しい2重螺旋構造の為、一方通行なんです。”さざえ堂”は1796年会津若松市の飯盛山に建立された、高さ16.5mの六角三層のお堂です。正式名称は”円通三匝堂”という名前とのことですが、その独特な2重螺旋のスロープに沿って西国三十三観音像が安置され、参拝者はこのお堂をお参りすることで三十三観音参りができるといわれていたそうです。また、上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造により、たくさんの参拝者がすれ違うこと無く、安全にお参りできるという世界にも珍しい建築様式を採用したことで、建築史上その特異な存在が認められ、平成8年に国重要文化財に指定されております。 どうです?あなたも、一度不思議な空間に飛び込んでみては・・・・

ちなみに、会津にて”起き上がりこぼし焼き”なるものを発見!たい焼き風味で小倉とクリームがあるのですが、生地がまろやかなホットケーキ生地なので、しっとりとした食感がたまりませんでした。 観光地には、それぞれの焼き物がありますので、探してみるのも面白いですよ。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。