7月の散歩道

松島・塩竃港クルーズはいかがですか?

7月になりましたがまだ梅雨が過ぎる兆しは無く、しかし暑い日々が続いているので、なんとなく海に行って見たくなります。先日、七ヶ浜の南側堤防で休んでおりますと、一艘の船が近くを横切って行きました。最近舟を見る機会が無いので、うれしくなり思わず乗っている人に手を振ってしまいました。船の名前は”あすか”!松島・塩竃を往復する遊覧船であり、”こんな船でデナークルーズもいいな~”と思いながら堤防を後にする日曜日でした。ちなみに、デナークルーズは一人乗船料・お料理代・フリードリンク代・サービス料・消費税を含み、2時間で11,000~16,500円で30名から150名まで対応できるとのこと。 どうです?各トラベル会社にても、募集があるようですのでカモメとお友達になってみては・・・・・・・・。

七ヶ浜にサーファーが戻ってまいりました。

七ヶ浜の菖蒲田海水浴には震災前は、多くのサーファーの店が民宿がございました。日曜となると多くのサーファーが来ており、浜辺の民宿には若者が多く宿泊しておりましたが、震災により店や民宿がほとんどなくなってしまいました。それとともに浜辺は、瓦礫やコンテナ・船などが漂流し、撤去には1年の歳月がかかりました。震災から2年、ここ七ヶ浜国際村入り口の浜辺には、少しづつですが以前のような活気が戻ってきたようで、サーファーや移動ショップも週末になるとどこからともなくやってまいります。浜辺の堤防工事も進んでいるので、これからの七ヶ浜の発展を期待しながら、私も週末はバイクサーファーとして、今後の七ヶ浜を見届けて行きたいと思います。

CRF250Lのインプレッション

前回お話いたしました現在所有のバイクにおけるインプレッションをお話いたしたいと思います。 え?聞きたくないって? そんなことおっしゃらず今回だけは、私の自己満足の世界に来てくださいな。 ン?いつも自己満足だって? いいんですよ!仕事でも、趣味でも、自分が満足できれば、次への活力が沸いてくるというもんじゃないですか。  ということで、現在所有しているバイクはホンダのCRF250L!前回のXR250BAJAの後継車として昨年デビユー致しましたが、何処が違うかというとまずエンジンは水冷DOHCの高回転型のエンジンとなりました。 ですのでツーリングは楽ですよー。そしてフロントサスペンションは倒立型を採用しているため、高速道路での直進安定性はロードバイクに匹敵するものであり、これまた楽です。 前車の燃料供給はキャブレター形式でしたが、今回は電子制御燃料噴射装置を採用。 始動性はバツグンですが、暖気運手を十分しないでスタートをすると、しばらくはエンストに悩むこともあり・・・・・・。 馬力は28馬力から23馬力への5ダウンとなり、低速のシフトチェンジには通常よりも2速ダウンと小まめな操作が必要となります。でも、高回転は力がありますよ。 6速から100km越えても十分に前の車を抜かせる力があり、本当に高速道路は楽ですよ。 林道はというと・・・・・・ちょっと身軽さは無いですね。 車体重量が140kgとオフロード250バイクとしては致命的です。ちょっとしたセクションもクリアーするときには、フロント周りとエンジン部分の重さが両手に負担をかけ、肩や首がこることもしばしば! しかし、パワーと直進安定性において、川原の砂利道でも以前ほど怖くなく、アクセルを上げることが出来ます。長時間運転しても疲れないのですが、ガソリンタンクが7.6Lってどういうこと? 燃費はリッター30Kmくらいなので、200Kmは無給油で走ることが出来ますが、ツーリングでは少なくても300Kmは無給油で走ってほしいものです。現在、走行距離は3,000Km!何とか体と一体となった気が致しますが、まだまだオフロードでは乗りこなせないところもあり・・・・・・・。バイクのせいではないのはわかっております。最近、体の反応が以前よりも鈍くなってきているのが・・・・・・・わかるんです。もう50代! でも80歳でモトクロレースに出ているお爺さんもいることから、これからも体が動く限り、バイクで走りまわってみようかと思います。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    オーナー様からのアパート募集物件を掲示しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。