4月の散歩道

今年は咲きましたね。船岡城跡公園の”千本桜”祭り

今年も行ってまいりました柴田町船岡城跡公園の桜祭り。昨年はお祭りなのに花が咲いていないというアクシデントに見舞われ、屋台のおじさん方も”商売にならねいよ”と別な祭りに移動する始末で、季節的なものとは難しいものだと改めて思った次第です。しかし今年は、季節に恵まれ、気温は18度、天気は快晴!もう何も言うことがありません。桜祭りの開幕です。船岡城址公園内には約1,000本のソメイヨシノ(千本植樹達成の碑がありました)が咲き乱れ、山は巨大桜餅のように開花しておりました。また白石川の堤防にも見事な桜並木「一目千本桜」が連なっており、これを見るために道路は大渋滞。駐車場に誘導する方があちらこちらに立っておりました。柴田町は、城下町の雰囲気を残す街並みで、あちらこちらに蔵や商屋・問屋などの面影がのこる、なんとも懐かしい町並みです。今度、祭りが無いときでもゆっくり訪れてみたいものです。                                                               ※ 町の中に古い建物を改装したそば屋あり。お勧めメニューは”大名そば”!今度は是非立寄って食したいと思います。

泉ヶ岳のミズバショウ群生地。久しぶりに見てまいりました。

泉ヶ岳スキー場手前から林の中に車で入るとすぐに、仙台市天然記念物にも指定されているミズバショウ群生地があります。毎年、忘れずに行こうと思っておりますが、どうしても桜の開花で浮かれ立ち、結局見に行こうと思うころには、季節が過ぎてしまいました。しかし、今年は違います!ちゃんと計画しておりましたよ。ミズバショウ見学会!泉で買い物を終えてからちょうど3時ごろに到着。遅いのではないかって?あまり早く着くと駐車場が満杯で止められないんです。なんせ林の中で駐車台数が8台で限度。(ちょっと歩きますが泉が岳大型駐車場からも行けます。) 群生地と言ってもそんなに大きくは無く、渡り板をロの字に通して一周約5分。でも、あちこちからミズバショウが顔を出しており、春の訪れを紹介してくれるようで、なんとも愛くるしいものがあります。以前はもっと広い原野だったような気がしたのですが、よく考えたらまわりの木も大きくなっており、原野と言うより森と言ったほうが近い環境になってまいりました。なんせ前回訪れたのは13年まえのことでしたから・・・・・・・・・・・

この歳(50)で14年ぶりにの新車購入。まだまだ若い者はまけません。

先日、バイクがバルブサージングを起こし、修理の概算見積もりをお願いしたところやはり読み通リ、とんでもない金額になってしまいました。もう、2回も修理に出して乗りつづけたバイクでありましたので、もうそろそろ交換時期がきてしまったのかもしれないとの事から、現在のバイクからモデルチェンジしたCRF250Lを購入。さて、新車の扱い方ってどうすれば・・・・・・なんせ14年前に購入して以来、新車の操作機能は変わらないにしてもエンジンが空冷から水冷に、SOHCからDOHC変わったのでちょっとフィーリングに戸惑いが。 それとやはり新車は”ならし”が必要のため約500kmは時速60k以上を出さないように、エンジンをならしていかなければならないのが、ちょっともどかしい。そこで土・日曜日に”ならし”を終わらせようと、福島南相馬まで2回にわたり単独ツーリングを決行。天気は晴れ、今の季節はやはり桜が満開です。原町の運動公園の桜並木は今が旬!以前から立寄りたい場所でありましたので、到着後しばらく桜の下で弁当を食べながらお花見を満喫いたしました。その後、海岸線沿いを戻り家路へと向かうと走行距離が458Km、そろそろ”ならし”も終わりとないます。これで心おきなく高速道路を巡航できます。                      ※すみません。今回の季節の散歩道は趣味に走ってしまいましたが、おいおいバイクのインプレッションについてお話いたしたいと思います。

この季節、新寺小路の桜も見ごたえがあります。

駅東にある新寺小路には、多くのお寺があります。仙台の街中にありながらなぜここにこんなにお寺が密集しているのかと申しますと、昔、仙台城から見てこの場所が鬼門に位置していたため、多くの寺院が集まり寺町をつくったそうです。かつて八つの古塚があったため「八つ塚」と呼ばれていたこの界隈は、元寺小路にあった寺院を移転したことから新たに「新寺小路」と命名され、現在に引き継がれているそうです。
 この新寺には多くの庭園があり、季節ごとに草木の花々を干渉することが出来ます。春は何と言っても桜が満開で、敷地の中だけではなく外側からも豪快な桜を見る事ができます。暖かい日ざしを浴びながら落ち着いたお寺を探索するのも、これからの季節はいいかも。

4月21日!66年ぶりの大雪となりました

4月21日の日曜日!朝起きたら寒さが体を襲う。なんとファンヒーターのスイッチを入れたら室温は2度。冬である。そうしているうちに、窓の外では雪がチラホラ・・・・・・そしていつの間にやら大雪へと変わってまいりました。せっかく咲いた梅の花やスイセン・芝桜・枝垂れ桜などが雪に埋もれ、松の枝が雪の重みで折れるなど大変な騒ぎとなりました。それより桜祭りもこの雪では開催されず、場所とリの姿も無くなり、雪の桜祭りとなってしまいました。        ほんと・・・・・桜祭り最後の日曜日なのにね。

相馬ツーリングにおけるいつもの休憩所!それは、”百尺観音”

福島県相馬市”道の駅”の手前に、山を掘り起こして造った百尺観音がございます。なんでも地元の仏師荒嘉明氏が、諸国遊歴の後、生涯一仏一体を残そうと岩山切開き建立したのですが30年間一人で彫り続けたのですが、完成を見ないまま他界しまったそうです。でも、自然との闘いにより風化が進行して修繕をしているらしい・・・?との事。現在、完成にはいたっておらず、三代目の嘉道氏が父祖の志を受け継いで建造中とのこと。まるで日本のアントニオガウディのようでありますな。  ここには2ヶ月に1回くらい参りますが、立ち寄るごとに猫が変わります。野良猫なのか飼い猫なのか判りませんが、そこが守り猫と呼ばれる由縁か?(私が勝手に決めているのですが)。 体をなでるとご利益があるかも・・・・・・・・。でも、なかなか触らせてくれないんです。この猫ちゃんたちは・・・・・・・・・・・・・・。


  • 画像リンク

    現在建築中の賃貸物件を紹介いたしております。

  • 画像リンク

    事業用の貸地物件を掲載しております。

  • 画像リンク

    住宅・事業用の売地を掲載しております。

  • 画像リンク

    賃貸テナントを募集しております。

  • 画像リンク

    仙台周辺を歩いたスナップ写真を掲載しております。

  • 画像リンク

    東日本大震災の当時を振り返ります。